2015年12月27日日曜日

ゴールデンバットの美味しい吸い方

ゴールデンバットは日本で一番安いたばこである


日本には多くのたばこの銘柄が存在していますが、その中でも私が一番コストパフォーマンスがよいと思っているたばこがあります。そのたばこは3級たばこでありますが、非常に味わいが深く普通の高級タバコを吸うよりも病み付きになるほどおいしいタバコです。その名前はゴールデンバットという名前であり、日本では古くから販売されているたばこの一つであります。

ゴールデンバット最高

昔では芥川龍之介などの著名人の方も吸っていた伝統的なタバコであり、高級タバコと違ってタバコから出た残りの葉を使って作られてタバコであり、それでも非常にを味わい深く多くの熱烈なファンが存在するタバコであります。価格では210円と最も安いタバコでありますが、それでもフィルターが付いていないことによって様々な楽しみ方ができるタバコであります。

ゴールデンバットをするときにはフィルターがないとうまく吸えない


ゴールデンバットはフィルターが付いておらず、フィルターなしではうまくタバコを吸うことができません。中にはフィルターなしで吸っている人もおられますが、やはりフィルターなしで吸ってしまうとあまりにもニコチンが濃すぎてあまりおいしくありません。よってフィルターを付けてタバコを楽しむということが最も理想的な行為であり、ゴールデンバットはフィルターを使うと本当に普通のタバコよりもはるかに深い味わいを楽しむことができます。


フィルターはスーパーに行ったりホームセンターに行くと低価格で販売されていますので、それほど金銭的な負担をなく使用することができます。一つのフィルターでタバコを5本位を吸うことができますので、一つに換算すると \2程度の金額になります。ゴールデンバットが一本10円だとすると、たばこ一本で12円しかかかりませんので、非常に節約してタバコを楽しむことができるようになります。

ゴールデンバットは少し加湿すればさらにおいしく吸える


ゴールデンバットは乾燥した状態でタバコ吸ってしまうと、あまり深みのある味わいはせずきつい印象が残ってしまいます。そのようなときにはすこし熱を加えて温めたげると非常に深くてまろやかな味がします。乾燥したタバコは辛みだけが残ってしまうような感じになり、あまりおいしくないのが常識でありますので、少しだけ暖かい場所において加湿してあげるのが最良の方法になります。

タバコというものはただニコチンとタールを取り込めばよいだけではなく、香りや奥深さを味わうものでありますので、タバコの本質を知るにはやはり様々な工夫と努力が必要になります。ゴールデンバットは良質の葉っぱの余りを使って作られたタバコでありますので、元来とてもおいしいタバコであります。ゴールデンバットのおいしさを引き出すためにある程度の加湿が必要になってくるということです。

タバコを節約しながらおいしくタバコを吸う


最近では禁煙ブームになっていますが、タバコというものはあまり本数を多く吸わなければそれほど健康被害に影響しませんので、1日十本程度のタバコで楽しみを持つということが最も理想的であります。禁煙ばかりをしているとたばこの文化を味わうことがなかなかできませんので、今まで吸っているたばこの本数を減らして、節煙の取り組みをすることが最も現実的であります。

ゴールデンバットは非常に安いタバコでありますので、それほど金銭的な負担にもならず、フィルターをうまく使うことによって健康的な被害も最小限にとどめることができるタバコであります。ゴールデンバットは非常においしいタバコでありますので、吸い方さえ間違わなければ最高のタバコ文化を味わうことができるはずです。タバコを楽しみながら幸せな文化的な生活をするということは、人間にとって非常に大切なことではないでしょうか?ぜひ一度ゴールデンバットの楽しみ方を学び、幸せがタバコ生活を送ってみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿